予備校と大学受験の関係は?

予備校と大学受験の関係は?

大学受験をする多くの生徒は予備校に通います。予備校は受験に特化したカリキュラムで志望校に合格するための環境が整えられています。ですから大学受験と予備校は深い関係にあると言えます。各大学の情報、入試傾向、ノウハウなどを持っているので様々な相談もできます。プロの講師が揃い、受験に向かってやるべきこと、覚えるべきこと、確認するべきこと、理解することをしっかりと指導します。そして自習室などもあることで授業以外にも勉強に集中できる環境が整えられています。

進学塾と大学受験の関係は?

進学塾と大学受験の関係は?

こどもを進学塾に通わせる親御さんは、年々増加傾向にあります。かつては、進学塾に通わせはじめる時期は 小学校高学年になってから行う家庭が多かったです。大学受験を控えた学生にとって、予備校や塾に通うことはとてし重要です。なぜなら、志望校の予想問題やオリジナル問題を学習できるからです。塾の講師も学生を志望校に合格させるために、授業には余念がありません。このことから、志望校に受かるためのプロセス的な関係を果たしているのです。

塾や予備校で言われる偏差値って何?

塾や予備校で言われる偏差値って何?

塾や予備校などで成績を偏差値で表すことがあります。この偏差値の意味というのは個人の知能や学力が集団の平均値よりもどれくらい上あるいは下かを表すことをいいます。それぞれの予備校で行う模試の点数が全体のどの位置にあるのかを示します。その結果によって、それぞれの大学に対する合格の可能性などがあらわされますが、それはあくまでも可能性です。大学受験の場合、現役は伸びしろがあるので、偏差値が最後に伸びて第一志望に受かるということもよくあります。

偏差値が上がると大学受験しやすい?

偏差値が上がると大学受験しやすい?

偏差値というのは、あくまでそのとき試験や模試を受験した集団の平均値から自分がどれくらい離れているのか、という目安でしかありません。大学受験の際には、偏差値が上がることを意識するよりも、自分の志望校に受かるためにはあとどれくらいの点数を取れば確実になるのか、ということを意識するべきだと考えています。そうすれば、問題の難易度や周りの出来によって変わる平均点に左右されず、安定した点数を取ることができます。

高校生はいつから進学塾に通うといい?

高校生はいつから進学塾に通うといい?

大学受験が待ち受けている高校生にとって、いつから進学塾へ通うのかは迷うところです。大学受験が決まっている場合は、早めに通うに越したことはありません。高校に入って学校に慣れてきたら、夏休み明けぐらいには進路などを考えて通い始めたほうが安心です。浪人すると費用がかさむだけでなく、モチベーションを維持することも難しくなりがち。一度で志望校に合格することを考えたら、遅くても2年生になったときには通っている状態にしたいものです。