高校生の進学塾に通う期間はいつから?

高校生の進学塾に通う期間はいつから?

高校生は学校に慣れると、間もなく大学受験に向けた勉強をすることになります。進学塾に通って受験対策をする場合、できるだけ早く通い始めることが大切です。

だからといって、入学後すぐでは学校生活との両立で辛くなる可能性が考えられます。まずは新しい環境、高校生活に慣れることからスタートしてみましょう。

夏休みが終わって、秋の文化祭シーズンに大学の文化祭を見て志望校が決まってから通うという方法があります。経済面のことを考えて、もう少し通う期間を短くしたい場合は高校2年の夏休み。

学校でも進路に関する話が出るので、夏期講習から通い始めても良いです。ギリギリまで独学で大丈夫だという人の中には、夏休み明けから進学塾での学習を始める人もいるようです。

家庭の経済的な事情や受験生の学力などを考慮して、通う時期を決めるようにしましょう。

高校生は進学塾でいつから大学受験始めるの?

高校生は進学塾でいつから大学受験始めるの?

高校生が進学塾で大学受験に向けての行動を起こし出すのは多くの場合3年生になってすぐです。

実は大学の入試問題には2年生までの勉強範囲しかほとんど出ません。そのため、進学塾では2年の終わりまでに基礎を全て終わらせ、3年になってすぐ応用問題や志望校の過去問、センター試験対策に打って出ます。

そうすることで他の受験生よりも場慣れすることが出来ますし、本番のレベルを想定して勉強していくことが出来るからです。

3年生の分はほとんど出ないため適宜勉強していても十分対応できますし、2、3年生の間の長期休暇期間だけでも十分補えます。

以上の理由から多くの高校生は3年生の春から大学受験に向けての具体的な行動を起こし始めます。

高校生は進学塾に週何回通うの?

高校生は進学塾に週何回通うの?

多くの高校生が進学塾に通い、志望校合格を目指しています。では、高校生は週何回程度進学塾に通うのかと言うと、人によっても違いますし学年によっても差が出ます。

高校1年生の場合は、進学塾に授業を受けにいくだけの学生が多いので週に2回程度が一般的です。

夏休みや春休みなど長期休暇になると、特別授業を行う進学塾が増えるため通う回数が増えることはありますが、普段はそれほど頻繁に通わない学生が多いです。

高校2年生の冬くらいから徐々に進学について真剣に考え始め通う回数が増えていきます。高校3年生になると授業だけでなく自習をしに来る学生もいるため、ほぼ毎日塾にいることもあります。

このように学年があがるごとに進学塾に通う回数が増えていきます。